2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

tweet

  • tweets

« SWoPPのFPGA囲碁論文 続報 | トップページ | みっぴーちゃん(妹)は俺の嫁 »

ハッシュの効果測定

ハッシュの効果を測る実験をしてみたのでメモ。

1)ハッシュを一切使わない
2)手の情報のみ使う(move orderingの改善のみ)
3)手も値も使う(値がヒットしたらその下をサーチしない)

の3とおりで、同じ局面同じ深さで探索させ、ノード数を調べてみた。

       読み技8        進歩3
       dep=7   8       dep=7     8
手も値も  37,042  52,548   602,862   4,092,572
手のみで  42,278  68,352   803,928  6,452,839
なしなし  52,123  89,225  1,184,658  8,009,961

局面は「読みの技法」の第8問と進歩本(2)問題集第3問。序盤1問と終盤1問、ということで適当に選んだ。(本持ってない人は、Aリーグパッケージの中に盤面データあります)深さは7と8で振ってみた。

なお進歩3の方は常に0096FUだったが、読み技8は答えが2826HI/3736FU/6979KIとばらけたので注意。

ボナ412使用。なしなしのときは、hash_store()とhash_store_pv()を空にする。手のみのときはhash_storeをhash_store_pvに化かす。ありありのときはボナそのまま。

ざっくり、手のみだと1.3-1.6倍くらい、なしなしだと1.5-2.0倍くらい(ありありに比べてのノード数で)、といった感じでしょうか。

しかしこういうとき、ボナのソースが公開なのは非常にありがたいですね。何をやったのかかなり具体的に正確に伝えられる。追試もしようと思えばできるし。

あと余談ですが、「ボナv4でevaluate()が70%」という話があったので、追試してみました。局面はさっきの2つ。すると40%でした。局面によって違うのかな。環境はCore2Duo, Vista, cygwin 1.7.0, gcc3.4.4, bona v4.1.2, TLP offです。gprofで測りました。

« SWoPPのFPGA囲碁論文 続報 | トップページ | みっぴーちゃん(妹)は俺の嫁 »

将棋プロセサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/507007/31817400

この記事へのトラックバック一覧です: ハッシュの効果測定 :

« SWoPPのFPGA囲碁論文 続報 | トップページ | みっぴーちゃん(妹)は俺の嫁 »