2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

tweet

  • tweets

« Amazon EC2からfloodgateなう | トップページ | おうちでHPC »

読み筋パッチ

ボナンザへのパッチで、評価値と読み筋をサーバに送るようにするものを作ってみました。もちろんボンクラーズにも使えます。パッチファイルをここに置きます。

使い方:
% patch -d /your/path/to/bonanza_v4.1.3/src/bonanza < bona_patch_sendpv
としてパッチを当てます。ソースが修正されますので、それをコンパイルします。ちなみにv4.1.3以外のバージョンでも、自分で多少修正したソースでも、修正箇所がかぶってなければ動くはずです。ボナのコマンドで "sendpv on" としてからconnectすると読み筋を送るようになります。(デフォルトでは送らない)私はこんな↓ファイルを用意して(たとえばbnzcmdとする)

beep off
sendpv on
connect wdoor.c.u-tokyo.ac.jp 4081 myprogname floodgate-900-0,mytrip

で、"cat bnzcmd | bonanza" として動かしてます。

winでやってる人は将棋所なりプチ将棋なり使えばいいんでしょうが、私はLinuxでキャラクタ端末でやってるため、今まで読み筋・評価値出なかったんですよね。なので作ってみました。

大したコードではないので利用・再配布自由とします。自己責任でご自由にお使いください。

ボンクラーズでは並列マスターのpv情報をボナのデータ構造にコピーするんですが、今のところそれを最低限必要な1、2手しかやってないため、読み筋の方はそのぶんしか出なくてあまり意味ないですが、評価値は出ます。floodgateでグラフを見ると、こんな感じ:

Screenshot

だいぶ相手の評価と差が開いてますw 100手めあたりとか、1000くらい離れてないか?勝手読みでもしてるんでしょうかね。

« Amazon EC2からfloodgateなう | トップページ | おうちでHPC »

将棋プロセサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/507007/33668306

この記事へのトラックバック一覧です: 読み筋パッチ:

« Amazon EC2からfloodgateなう | トップページ | おうちでHPC »