2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

tweet

  • tweets

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

FM番組出演情報

FM番組「フロンティアーズ~明日への挑戦」に2/11(土)出演予定です。
番組HP: http://www.tfm.co.jp/fr/

放送時間は各局バラバラで、番組HPによると
Tokyo FM 18:00-18:30
AIR-G'(北海道) 18:30-18:55
Date fm Sendai・FM Aichi 12:30-13:00
FM Osaka 18:30-19:00

各局のカバーエリアがどのくらいか私もよく知らないですが、九州・四国はだめなのかな?聞けない方々、すみません。
開始時間はまだしも長さも異なるあたりがよくわかりませんが…まあ細けぇこたぁいいか

収録自体は当然しばらく前に終わってます。他に新聞・TV・Webメディアはありましたが、ラジオの取材を受けたのはたしかこの1件だけ。メディアによって取材スタイルに違いがあるのはまあ当然なんでしょうが、ラジオが何というかいちばんフットワークが軽いなーという印象でした。一人で取材に来て、インタビューもやる録音もやる、Webページに載せる写真も自分で取る、という感じ。番組の構成自体もその方が考えてるようで、要は一人で全部作ってる感じでした。ナレータは別みたいですけど。
#低コス○?いやいや、そんな単語は聞いたことがない

活字メディアだとこっちが喋ったことがそのまま載るわけではないので多少失言してもなんてことないといえばないのですが、ラジオだとそうもいかない。まあ会社の人が同席しててNGは出されなかったのでまずいことは言ってないとは思いますが、けっこう質問されて答えに困ったり、しどろもどろに答えてたり、困ったあげく考えてもなかったようなことをしゃべりだしてしまったりとかあって、今思うとラジオがいちばん冷や汗ものでしたね。TVも生という意味では同じですが、TVだとなにしろ録る分量が違うので。使うのはごく一部なんで、一カ所でミスってもそこは使わないでくれるだろう、というのがあるんですが、ラジオではあまり期待できない。

ラジオの取材は実はこの他にもう1件あったんですが、そちらはいきなり会社に電話かかってきて、「15分後から生放送で電話インタビュー受けてもらえませんか」という感じでした。そのとき別件の打ち合わせしてたので無理、と答えたんですけれども。これも「フットワーク軽!」印象に輪をかけた感があります。まあ面白いという意味ではいちばん面白いものができるのかもしれませんけど。

しかし最近みなさんradikoで聞いてるんじゃないかと思いますが、それでFMというのはいかがなものかと… Tokyo TCP、とか?いえ何でもないです

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »