2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

tweet

  • tweets

« 和解条項が履行されるまでが裁判です | トップページ | AlphaGoが誇大広告ぎみな件 »

最後のピースも嵌まる

後日譚です。書くのがちょっと遅くなりましたが、事実の記録という意味で残しておきます。
裁判の発端である中傷記事を書いた将棋世界誌の「月夜の駒音」が、2015年12月号をもって連載打ち切りとなりました。

アマゾン 将棋世界誌2015年12月号

>連載読み物「月夜の駒音」[最終回] 内館牧子

とあります。

参考情報:2ch名人 将棋世界・内館コラム「月夜の駒音」が終了

他にもいくつか連載終了のものがあり、どうやら「別に裁判で負けたから打ち切りではなく、単に誌面リニューアルの一環」と言いたいようです。ですが、裁判が打ち切り決定に影響していることは容易に想像がつきます。ネットでの悪評を受け止めたのか(何しろ連盟にとっては2chの評価は重要のようですし)、はたまた直接苦情でも来たのか。ただ連盟はとにかくプライドの塊なので、裁判のせいだと認めたくないものと思われます。

元々、裁判でのこちらの要求事項は、訴状(以前の記事から)にあったとおり、4点ありました。

・賠償金
・謝罪記事
・「月夜の駒音」連載の中止
・訴訟費用の被告側負担

和解では、前の2者については予定通りかちとりました。4番めの訴訟費用については、判決でなく和解ならば各自の負担とするのが通常だし、元々そう大きい額ではないので、賠償金がとれるのならばこだわらないところです。で3番めの連載中止だけは、そのような判例がないため判決や和解に反映するのは見込み薄と考え、裁判では強く主張はしていませんで、和解でも含まれていませんでした。(被告は勝ち目なしと見て裁判外の和解を申し出てくるだろうと予想していて、その際には主張するつもりでした。)ですが結果的に、この項目も裁判終了後1年足らずで実現することとなりました。

こちらとしては賠償金と謝罪記事でも十分満足していたのですが、連載中止も実現し、勝利がより完全なものとなりました。やはり正義は勝つ、が改めて示された形です。ジャスティス!

« 和解条項が履行されるまでが裁判です | トップページ | AlphaGoが誇大広告ぎみな件 »

裁判記録」カテゴリの記事

コメント

大組織が相手でも臆せずに訴訟していくべきですね!
最近はブラック企業やらブラックバイトやらが問題になってますからどんどん訴えるべきだと思います。たかの友梨やアリさんマークの引越社は社会的に悪評が広まりましたね。

コメントいただきましたが、内容に関する私の賛否ではなく、明白な虚偽の情報をコメントとして承認することはできません、ということです。いちおう中身を見て承認の是非を判断している以上、嘘と知って承認するとこちらが非難されかねませんので。ご了承ください。

まぁ私は今回の件で将棋連盟の馬鹿度合いが分かりました。
ただ周りの一般人にも将棋ファンにもこの件は広まってませんからね。
わざわざググッたとしてもこのブログか2ちゃんねるしか出てこない。
たかの友梨とかアリさん引越社はヤフーニュースに乗って一般人が知ることになりましたので。

余談ですが、公益法人は法人税などで優遇されるのですから理事は外部のプロ経営者がなるべきでしょうね。
傲慢な世間知らずに任せるからこうなります。

賠償金がいくら知らないですが組織にとっては痛くないでしょう。
名誉毀損で敗訴したことがあるという歴史はある程度ダメージでしょうね。

ちょっと思ったんですが、将棋連盟の内部の事務職員の間ではさすがにこの件は噂になっているはずです。
それで優秀な職員が続々退職するという流れになればある意味ダメージが大きいんでしょう。
棋士にこき使われて何とも思わない将棋大好き下僕職員が多そうなのであまり期待できませんが。。。

将棋世界に謝罪広告が載ったのは、将棋ファンに対しては最大級のメディア露出でしょう。将棋ファンにはある程度認知されているし、それはつまり連盟にとってダメージです。逆に言えば、謝罪広告に気づかない人は元の中傷記事にも気づいてないでしょうから、それはそれで問題ないかと。

一般人に知られてない・ニュースにならないのは、それはこの件がどうこうではなく、元々将棋連盟というもの自体が認知されてないからですよ。無名の団体が裁判で負けたって、普通わざわざニュースにしないでしょう。連盟の金づるは将棋ファンなので、一般人の認知はあまり関係ないと思います。

連盟が一方的に悪いとは思えないというのが正直な感想です。

あと、2chを最初に持ち出したのはたしか伊藤さんの方でしたよね?
当時「2chに書いてあったお(´・ω・`)」なんて言ったらそりゃ怒られるでしょ、っていうコメントした記憶があります。
その後、「2chディスられる」なんて記事を投稿してネットを味方につけようとした?にも関わらず、裁判では2chを証拠に出してきた連盟を徹底批判してたのもなんか違和感ありました。
ちなみに、韓国検察が2chの記事を証拠に出してましたね^^;

よいお年を。


>あと、2chを最初に持ち出したのはたしか伊藤さんの方でしたよね?

??これは失礼ですがlowさんの事実誤認ではないでしょうか。私は2chを根拠に何かを主張したりはしてませんよ。

たしか米長さんとの対戦の交渉時に、伊藤さんが「掲示板などでも言われていますよ」という引用をされていたはずです。
つまり2chの声をご自分の主張のサポートとして引用されたということです。
伊藤さん的には「根拠」ではないかもしれませんが、少なくとも有意性を認められていた発言だと思います。

なので私は「「2chに書いてあったお(´・ω・`)」なんて言ったらそりゃ怒られるでしょ」というコメントをし、それについては賛同してくださる他のコメントもあったと記憶しています。

その点については以下の記事で明確に否定しています。ご確認ください。
http://aleag.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-1745.html

おっしゃりたいことはわかりましたが、
伊藤さんが2chを持ち出し、その有意性をある程度認めた発言をされたことには別段変わりがない気もしますが。
それにこれだと当時の連盟が抱いただろう不信感は、その当時払しょくされていないような気もしますね。
(伊藤さんも抱いただろうことはわかりますが)

現在行われている叡王戦には渡辺さん羽生さんは出てません。
たしかに2ch名人等で逃げているという声を全く見かけないわけでもないですが、それほど大きな声にならないのは皆さん大人なんだなあと思います。

>伊藤さんが2chを持ち出し、その有意性をある程度認めた発言をされたことには別段変わりがない気もしますが。

上記の記事で私は、lowさんの主張を証拠を挙げてはっきり否定しました。それでなお理解されないというのであれば、これ以上議論しても無駄だと思います。

2chを根拠にするのはだめなの?
2chの中に事実やら重要な情報やら本心やらも
結構あると思うんだけど。

AとBが裁判で和解したという素晴らしい話なのに、こうまでコメントが荒れるのか。

 ドワンゴ代表取締役会長の川上量生氏が、だいぶん前に、日経
テクノロジーで。「人間は終わるんですよ・・」という表題の記事を書いて
いましたが。この題名には「悪い」を付けるべきなのではないかと、
このブログも一読したうえで、最近真剣に考えるようになりました。

今更ながら電王戦叡王戦をニコニコ動画で見て、興味を持って記事を漁っていった先にこのブログにたどり着いてしまった私のような人も居ます
伊藤さんはよく裁判に踏み切ったと賞賛したい。と同時にやっぱり一般人にとって、裁判とは全く不便なサービスだなと思わずにはいられません。伊藤さんもおっしゃっていたように大多数の勤め人は気軽に裁判にも行けません。余裕のない社会人にとって訴訟に踏み切るのはコスパ(?)が悪すぎます

三浦九段の事件について色々見てると、
将棋連盟の弁護士が2chの情報を裁判所に持ち込んだというコメントをよく見かけ、だれが作ったデマだと思ったのですが、いやまさか事実だったとは。
このときも今も連盟はずいぶんと体質に問題がありそうですね。

ありゃ、そうでしたか。御覧の通り、れっきとした事実です。でもたしかに、ちょっと聞いただけではにわかに信じ難い、というのはよくわかりますw

初めまして。年の瀬の慌ただしいなかコメント失礼致します。
この裁判の存在は当時から知っていたのですが、その時は将棋連盟や棋士の方々の方を擁護する気持ちが強かったですし、こういう記録をブログで公開する必要や意味があるのだろうか?と伊藤さんの姿勢を疑問に思っていました。
しかし今回の三浦弘行九段のスマホ不正使用疑惑の騒動を見ていて、将棋連盟の会長や理事、棋士の方々の判断力や人間性、常識について自分は見誤っていたのではないかと認識を大きく改めました。
その為にこちらの記事群はとても参考になりました。
これまでの伊藤さんへの否定的な見方を謝罪致します。ごめんなさい。そして有用な記事を記して頂き本当にありがとうございました。
今年も残り僅かとなりましたがどうぞお身体を大切に良いお年をお迎え下さいませ。

コメントありがとうございます。多少なりとも参考になったとすれば、こちらとしても書いた甲斐があったというものです。謝罪などには及ばないですよ。なおさんのように、当初は私に対して否定的な意見を持っていたが、三浦事件を経て私の言っていたことが実感として理解できるようになった、という方はかなりいらっしゃるようです。

まさかと思うけど、仮に今後三浦先生と連盟が裁判になったら、連盟は2ちゃんのログを証拠に出して、ほら、こんなに疑っていた人がいますよとか言い出さないだろうなぁと、ちょっと不安になりました。
会長も替わることだし、さすがにそういうことはないと思いたいのですが。
というか、三浦先生とはさすがに裁判の一歩手前でちゃんと和解していただきたいですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/507007/62690556

この記事へのトラックバック一覧です: 最後のピースも嵌まる:

« 和解条項が履行されるまでが裁判です | トップページ | AlphaGoが誇大広告ぎみな件 »